カラー

【THROW】アクセントカラーの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

THROWのアクセントカラーの

BlueとGreen!

 

こいつが良いカラーを出してくれる秘訣で良く使っています!

 

特にアッシュ、グレーのオーダーが本当に多いです!

 

ただの赤みが少しおさまった色じゃ物足りないですよね(o_o)

 

そこでこのアクセントカラーを使います!

 

アッシュやモノトーンのカラー剤に混ぜて使う事で振り切った色が出せるようになります!

 

 

こんな感じのアッシュグレーがわかりやすく出てくれるのが特徴です!

 

くすみ過ぎた変な色にならないか?

 

突き抜けたカラーにできる分、BlueやGreenが入り過ぎて変な色にならないか心配な人も出てくると思います。

 

THROWのアクセントカラーは染料はありますが髪の質感が重く見えるほどガツンと入りません!

 

もちろんその人の髪の状態によって入れる量はコントロールするのですが、くすみ過ぎた色の感じは出ないです!

 

ここが今までのアクセントカラーとの大きな違いでもあってとても使いやすいのです☆

 

 

透明感のあるカラーが好きな人

 

シンプルなカラー剤の設定でももちろんキレイになる人もいます。

 

しかし、今はアイロンで巻いたり、昔暗くしていたりと色々な条件が混合している髪の方が多いです!

 

それに合わせてこういうアクセントカラーやカラー剤を使い、髪に合わせてやる事で理想の色になります!

 

透明感あってキレイなアッシュにしたいですよね(^ ^)

 

それを叶えてくる優秀なカラー剤なので透明感のあるカラーにしましょう!

 

お待ちしています!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

ご予約

髪の相談や事前カウンセリング、ご予約など気軽にメッセージ下さい!

 

24h簡単web予約はこちらから

 

LINE@でご予約、髪のご相談

友だち追加

検索